ビューティー月刊誌「美ST」に、アバカ名古屋帯などが掲載

ビューティー月刊誌「美ST8月号月刊誌「美ST」に、アバカ名古屋帯、クラッチバッグ、巾着、信玄袋が掲載されました。


グラビア写真のタイトルは「年齢を重ねたから似合う古典的な格と品がある一枚」。


30代~40代の大人の女性に使って頂きたいアバカの名古屋帯とクラッチバッグです。


着物雑誌『七緒』にアバカ・クラッチバッグをご紹介頂きました。

68日発売の着物雑誌『七緒』にアバカ・クラッチバッグをご紹介頂きました。

 

「ワンランク上のモチーフの妙を楽しむ」ことをテーマに、笹竹のモチーフの浴衣とアバカ・バッグなどの組み合わせを大人っぽく着るコツと紹介されています。


自然の手触りとレースのように繊細な編地を特徴とするクラッチバッグの上品さを評価頂いて嬉しいです。


月刊CLASSY7月号にアバカの名古屋帯が掲載

528日発売の月刊CLASSY7月号にアバカの名古屋帯が紹介されました。

『老舗の料亭でお食事会

きちんと感が求められる場所だから夏着物風に着こなして』

 

というテーマで掲載頂いています。


今年の夏は猛暑の予想ですが、そんな時だからこそ、京都の老舗料亭へも、涼しげなアバカ名古屋帯が最適です。


竹村はま子のスタイルブックにアバカ名古屋帯が掲載されました

30代、40代の大人の女性のファッションをリードするスタイリスト竹村はま子さん。

 

竹村はま子のスタイルブック『スタイリスト竹村はま子の本当に好きな服~お気に入りの服を着ていれば今日も頑張れる~』(2018420日発売)にアバカ名古屋帯が紹介されました。


〔以下、スタイルブックより〕

『浴衣で夏のプチイベントへ

 

30代で買った浴衣。帯を新調して艶っぽく


涼しげで、立体感のある幾何学模様のマクラメ編みは“アバカ”という植物繊維素材で、ナチュラルな色味が魅力。浴衣を格上げしてくれて、存在感があります。』


『SENS de MASAKI春夏号』でアバカの巾着を紹介頂きました。

419日発売の『SENS de MASAKI春夏号』。浴衣のシーズンに向けて、「繊細な芭蕉糸のようなアバカで編んだ巾着」を紹介頂きました。

 

SENS de MASAKI』ファッション、インテリア、料理、暮らし方などを雅姫さんの視点で提案するライフスタイル誌です。夏を涼しく暮らす逸品としてアバカの巾着に注目して頂きました。



2018アバカ名古屋帯の販売

今年の春は桜が早く咲き、一気に初夏の陽気になってきました。この暖かさに誘われ、着物を着られる方たちの間でも夏物を求める動きが例年になく早く現れてきています。

フェア・プラスがアバカ商品の共同開発をさせて頂いている京都一加でも、すでにアバカ名古屋帯の展示販売を開始しています。京都一加のスタッフの方のお話では、今年は発売と同時に何人かの方から帯の注文を頂いたとのことです。

 

 

 


今週から、京都一加本店のショーウインドーには、連年より早くアバカ名古屋帯とともに巾着やバッグ等も並びました。

今年もフェア・プラスとマリナオ村生産者は、京都一加と協力して、アバカ商品を多くの皆さんにお届けするよう頑張りたいと思います。


2018年もアバカの商品をゴールデンウイークから発売します。

日本では寒い日が続いていますが、フィリピン・マリナオ村では日本の蒸し暑い夏を心地よく過ごして頂くため、アバカの名古屋帯やバッグの生産を急ピッチで進めています。2018年は最高級ランクの新作バッグを発表・発売致します。


今年は4月下旬ゴールデンウイークより帯やバッグを一斉に発売開始します。ご期待下さい。


「糸のじゅえりぃ」が新宿の百貨店で販売

京組み紐のブレスレット「糸のじゅえりぃ」が今年、東京のマルイ新宿店で販売されています。

 

フェア・プラスが今年新規に取引をさせて頂きました㈱ゼロ・コネクションさんが、マルイ新宿店に出店し、「糸のじゅえりぃ」を販売しています。


京都一加東銀座店さんでのアバカ名古屋帯や巾着、信玄袋の販売に続き、糸のじゅえりぃも東京で販売されてます。


新宿へお出での際は、マルイへお立ち寄り下さい。


フィリピン・マリナオ村よりVillafolow V Javierが来日しました。

 

2017621~30日、フィリピン・マリナオ村よりアバカ・マクラメ編み生産者Villafolow V Javier(ニックネームBingさん)が来日しました。

 

滞在中、アバカの帯や巾着、信玄袋等のバッグを共同開発した着物の京都一加を訪問しました。また、624日には京都一加と共催による「アバカ&浴衣ファッションショー」を開催しました。

 

 

京都一加の本店京都店は、品格を感じさせるお店、アバカの帯やバッグ類が上品に飾ってあり、とても華やいだ雰囲気の中、お店の方たちとの交流を楽しみました。

 


 

東銀座店でも、銀座では普段着物を着こなす人たちがよく来店されますと、京都一加東銀座店でもお聞きし、東京でもアバカの評価はとても高いことを知ることができました。

 


 

624日のイベント「アバカ&浴衣ファッションショー」は京都一加との共催、多くの参加者の方は浴衣姿で来場され、本格的なビーガン料理を召し上がりながら、会話を楽しまれました。すでにアバカのバッグなどを購入・お持ち下さった方もいらして、アバカ製品の魅力に話も弾まれていました。

 


 

イベントの一つのハイライト「アバカ・マクラメ編み実演」では、板と釘だけを使って美しく繊細なアバカが編み上げられていく様子に、多くの参加者から感嘆の声が上がり、無形芸術作品をご覧になられるように見つめていらっしゃいました

 


 

最後は、メインイベント「アバカの帯や浴衣を身に着けての浴衣ファッションショー」。男女、年代が異なる6人の方がモデルを務められ、会場中央に作られた花道を歩かれてショーも最高潮を迎えました。着物のことを熟知された京都一加の司会者より、アバカの帯やバッグが浴衣のいろいろなバリエーションの着こなしにマッチすることをご紹介され、アバカ製品が着物の世界に溶け込んでいるということを再認識致しました。

 

イベントの最後は、参加者のみなさんと記念撮影を。華やかで、とても和やかな雰囲気の中、イベントを終了しました。

 


ファッション雑誌「HERS」7月号でアバカの名古屋帯とクラッチバッグが紹介されました。

 

612日発売の40代、50代女性向けのファッション雑誌「HERS7月号で、フィリピン・マリナオ村で製作したアバカの名古屋帯とクラッチバッグが紹介されました。

 

女優の森口瑤子さんが『東京の喧騒から抜け出して旅先で浴衣を楽しむ贅沢』というタイトルで、素敵に着こなして下さっています。

 


 

先月の「GLOW」に続き、2か月連続でアバカの名古屋帯とクラッチバッグがグラビア掲載されました。いずれもパートナーとして今年アバカ新商品の開発を共同で進めてきた京都一加が、雑誌社へ紹介したことより掲載されました。

 

http://www.kyoto-ichika.com/

 


フッション雑誌GLOWにアバカの帯とクラッチバッグが紹介

 

5月28日発売のフッション雑誌GLOWに、アバカの帯とクラッチバッグが紹介されました。GLOW7月号の「夏着物&浴衣で和の街歩き」というテーマで取り上げて頂きました。

 

 


着物の京都一加と共同で、夏の着物の大人向けアバカ新商品を開発

 

フェア・プラスは、着物の京都一加と共同で、アバカの持つ美しさを夏の着物姿の大人に提案する新商品を開発しました。日本の蒸し暑い風土に、アバカが涼を運んでくれますようにとの想いから、夏の着物、浴衣に纏う八寸帯と巾着信玄袋などのバッグを開発しました。

 

 

共同開発パートナー・写真提供:京都一加

 

http://www.kyoto-ichika.com/

 


 

「美しいアバカ繊維 x繊細なマクラメ編みx 和装の感性」から生まれたナチュラルな風合いが心地よい商品です。

 

 

 

八寸帯は京都一加で、巾着、信玄袋等バッグは京都一加、フェア・プラス両者で428日(金)より発売致します。

 

共同開発パートナー・写真提供:京都一加

 

http://www.kyoto-ichika.com/

 

 

 

 


0 コメント

4月12日~18日 阪急うめだ百貨店本店への出店

 

4月12日~18日、阪急うめだ百貨店本店へ、フェア・プラスとして初めて出店致しました。

 


 

イベントのテーマは、「サスティナビレッジ」。有名なフェアトレード企業、ショップの商品も販売されたため、フェアトレードに関心を持つ方たちも多く来場されました。

 


 

フェア・プラスも、フィリピン・マリナオ村のアバカやマクラメ編みに雰囲気をパネルで展示し、アバカ・マクラメ編み商品に関心を示した方も多くいらっしゃいました。

 


 

また、フェア・プラスのアバカブランド商品について、みなさん口をそろえて美しいと高い評価をして下さいました。

 


0 コメント

4月12日~4月18日、阪急梅田本店に出店します。

 

フェア・プラスのアバカ・ブランド商品のシーズンが到来します。今シーズンも、いろいろな出店やイベントの企画を計画しています。

 

最初に412日~418日、阪急梅田本店に出店します。阪急梅田本店に出店します。10階スーク中央街で開催される「サスティナヴィレッジ」に出店し、アバカのクラッチバッグやCradle Cradleのバッグ、アクセサリーを販売致します。みなさんのお出でをお待ちしています。

 


0 コメント

和紙デザイナー佐藤友佳理さんから「呼吸する和紙」モビール

 

アバカのクラッチバッグを購入下さった和紙デザイナー佐藤友佳理さんから、「呼吸する和紙」モビールを頂きました。クラッチバッグの美しさを評価して下さり、フェア・プラスのマリナオ村の人たちとのアバカ・マクラメ編みの伝統を守り、日本の人たちに伝える活動に共感して下さいました。

 


 

佐藤友佳理さんは、愛媛県西予市明間(あかんま)、「観音水」の流れる山あいの集落を拠点とされ、自然に囲まれた静かな環境の中、独自の手法で和紙づくりに取り組んでいる方です。

 

モデルとしてロンドンで活動する中で日本の素晴らしさに気づき、日本に帰国後「作る側」にまわりたいという気持ちが強くなった。生まれ故郷の愛媛県内子町が「五十崎(いかざき)手漉き和紙」の産地だったこともあり、和紙作りに取り組むようになったそうです。

 


 

糸を張り巡らせた木枠を二人がかりで大きな水槽に沈めて、漉きあげる"溜め漉き"というやり方。"浸けて上げる"というシンプルな工程の中、その時々で変わる水温、楮(こうぞ)の状態をみながら、自らのバランス感覚と勘を頼りに、一枚、一枚、漉いていく、そうして生まれたのが「呼吸する和紙」。透け具合が、ふつうの構造と全くちがっていて、風合いが非常に軽やかで、表情豊かになるそうです。

 


 (佐藤友佳理さんのインタビュー記事)

 http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1401449359118/

佐藤さんから頂いた「呼吸する和紙モビール」をベランダに飾った時、日々慌ただしく過ごしている時間が緩やかになり、穏やかな気持ちになりました。

アバカ・クラッチバッグを通じた佐藤友佳理さん方、デザイナー、アーティストのご縁を大切に、活動を頑張っていきたいと思います。

 

0 コメント

7月27日~8月1日、京都高島屋洛西店に出店しました。

 

727日(水)~81日(月)、京都高島屋洛西店に“Cradle Cradleブランド”アバカ商品(バッグ&アクセサリー)の期間限定での出店を行いました。

 

 

 

 

 

 

期間中ブースに立ち寄って下さった多くのお客さま方から、“とても綺麗ですね!”、“(バッグを持った時)非常に軽いので驚きました!”など高い評価を頂きました。

 

 


 

“アバカとは何ですか?麻とは違うのですか?”、“とても繊細な網みですが、手編みですか?どのように編んでいるのですか?”など、「アバカ」や「マクラメ編み」について、みなさん高い関心を示して下さいました。

 

 

同時に、多くのご意見も頂きました。直接いただきました生の声を参考に、今後さらに改善を図り、よりよい商品を開発していきたいと考えます。

 


0 コメント

アバカ・クラッチバッグ、Cradle Cradleバッグ購入者の声

 

520日発売の『美しいキモノ夏号』をご覧になり、アバカ・クラッチバッグ、Cradle Cradleバッグを購入下さった方たちから次のような声をお寄せいただいています。これからもフィリピン・マリナオ村の人たちとともに、しっかりとよいものを作っていきたいと思います。

 

 

 

  1. 新潟県在住の方(2016521日)

 

人と自然との共生の象徴だというアバカ製品とそれを作っているマリナオ村民の人たちの願いを感じながら、大切に使わせて頂きたいと存じます。

 

 

 

  1. 愛媛県在住の方(2016615日)

 

フェア・プラス様の手作りのものをきちんとデザインし、障害持った方や、海外の労働力と結びつける取り組み、とても共感いたしました。

 

クラッチバッグが届くことを楽しみにしております。

 

 

  1. 兵庫県在住の方(2016627日)

 

本日アバカ・クラッチバッグを受け取りました。ステキな編み方の美しいバックに惚れ惚れです。この度はありがとうございました。大切に使わせて頂きます。

 

 

 

  1. 東京在住の方(2016721日)

 

こんばんは。

 

ご連絡遅くなりましたが、無事にアバカのクラッチバッグが届き、受けとりましたので、ご報告と一言、お礼を云いたくメールをさせて頂きました。
クラッチバッグ、とっても繊細で素敵な織りで、とっても軽く、サイズ感も小さすぎずで、ある程度の荷物も入りそうで、とっても気に入りました。
涼しげで軽く、繊細で上品な夏着物や浴衣にとっても似合うクラッチバッグで大満足です!30日の隅田川の花火大会の時に、早速持ちたいと思います!
また、次は入っていたカタログにあった、取っ手がある小さいサイズのバッグも、検討しています!
また、購入出来る時になりましたら、カタログのバッグもまたご注文させて頂こうかと思います!

 

これからも、素敵な商品が出るのを楽しみにしています
ありがとうございました。

大切に末長く、愛用させて頂きます

 

 

 

 

 


0 コメント

ハイセンスなセレクトショップ、京都デザインハウスで糸のじゅえりぃを販売

京都富小路三条通にお店を構えるハイセンスなセレクトショップ「京都デザインハウス」で、「糸のじゅえりぃ」を販売して頂けることになりました。


京都デザインハウスは、個人の外国人旅行客にも評判の店。京都の伝統を伝える商品として、喜んで頂けること期待します。


0 コメント

京都の粋な着物のお店「一加」でアバカ・クラッチバッグを

京都で粋な着物を販売される一加」(三条通柳馬場角)。「一加」さんで、この夏、アバカ・クラッチバッグ、新作pinoiトートバッグを販売して頂くことになりました。


 

夏の着物とのコーディネーションで、ご紹介頂いています。烏丸京都文化博物館からのすぐですので、お近くにこられた時はお立ち寄りください。

 


0 コメント

クラッチバッグ購入者からのメッセージ

 

「美しいキモノ」を見て、アバカ・クラッチバッグを購入して下さった方から、次のようなコメントを頂きました。

 

『本日アバカ・クラッチバッグを受け取りました。ステキな編み方の美しいバックに惚れ惚れです。この度はありがとうございました。大切に使わせて頂きます。』

 

このようなコメントを頂いて、とても嬉しいです。

 


0 コメント

Cradle Cradle 1st collectionを開催致しました。

 

“ Cradle Cradle “

 

母から子に受け継がれていく 

 

技術Technique/ 伝統Tradition / 記憶Recollection

 

Cradle Cradleはそれらを大切にしていきたい

 

 

 


 

フェア・プラスで4年間活動してきました笈田真美(20163月京都造形芸術大学卒業)が、フィリピン・マリナオ村を訪問する中で自らの想いを育み、フェア・プラスのデザイナーとして、この度エシカルファッションブランドCradle Cradleを立ち上げました。

 


 

フェア・プラスでは、エシカルファッションブランドCradle Cradleの発表を記念して、2016525日~29Cradle Cradle 1st collectionを開催致しました。展示会のアルバムをみなさんにお届けします。

 


 

今後、フェア・プラスでは、フィリピン・マリナオ村の人たちとともに、Cradle Cradleを大切に育てていきたいと思います。

 


0 コメント

アバカのクラッチバッグと手提げバッグが「美しいキモノ」に紹介されました。

 

520日発売の「美しいキモノ夏号」(婦人画報)に、昨年発表しましたアバカ製JIUクラッチバッグと今年の新作pinoi sバッグが、グラビア写真で紹介されました。

 


 

蒸し暑い夏に涼しげなアバカ、繊細なマクラメ編みのバッグはぴったりと、昨年より夏の着物や浴衣の女性に使って頂きたいと、クラッチバッグ等を開発してご紹介してきました。

 

お蔭さまで徐々に日本の着物の世界で、認めて頂けるようになってきました。

 


0 コメント

展示発表会“Cradle Cradle 1st Collection”のご案内

 

開催日時:2016525日(水)~529日(日)12:0019:00

 

会 場 :Gallery MADAMA Kyoto

 

          京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町35-2

 

有限会社 カムデン

 

         (京都造形芸術大学より徒歩5分)

 

 

 

RECEPTION: 527日(金)18:0020:00

 

 Talk Event株式会社CAEAN 京都造形芸術大学准教授 百々 徹

 

×

 

Cradle Cradleデザイナー 笈田真美

 


 

Cradle Cradleコンセプト>

 

母から子に受け継がれていく 

 

技術Technique/ 伝統Tradition / 記憶Recollection

 

Cradle Cradleはそれらを大切にしていきたい

 

 

 

主催:

 

NPO法人フェア・プラス

 

京都府京都市東山区巽町442-9

 

TEL 075-525-0064

 

e-mail: info@fairplus.org

 

 

 

以上

 

 

 


0 コメント

京都新聞のCradle Cradleの取り組みが紹介されました

 

 

 

 

フェア・プラスで4年間活動し、今月新ブランドCradle Cradleを立ち上げた笈田真美さんの取り組みが、3月8日の京都新聞朝刊で取り上げられ、大きく記事が掲載されました。

笈田さんは、4年前に京都造形芸術大学でアバカ・フェアトレード商品開発プロジェクトに参加し、それ以降何度かフィリピン・マリナオ村を訪問し、天然素材「アバカ」とマリナオ村の女性たちによる「マクラメ編み」を生かした、一般市場で評価される商品開発に取り組んできました。
その取り組みが、3月8日の以下の京都新聞の記事で紹介されています。


0 コメント

Abaca New Brand Cradle-Cradle(ゆりかごからゆりかごへ)

 

このたびフェア・プラスでは、JIU(慈雨)の兄弟ブランド”Cradle Cradle”を立ち上げました。

 

Cradle Cradle”は、これまで4年間フェア・プラスで活動してきた笈田真美さんの、「母から子へ受け継がれていく、技術Technique/伝統Tradition/記憶Recollectionを大切にしていきたい」との思いから生まれたブランドです。すべてフィリピン・マリナオ村の生産者の人たちの手により製作されています。

 

 

 

詳細を、Cradle Cradleweb siteに記載していますので、ぜひこちらをご覧下さい。

 

http://cradle-cradle.jimdo.com/

 

 

 




京都ハンディクラフトセンターも正月モードに衣替え

 

秋の紅葉シーズンが終わり、今週(1220日)からは京都もクリスマス、お正月シーズン。

年末年始休暇を利用した国内外の観光客に京都のお正月を感じてもらうため、京都ハンディクラフトセンターも、すでにお店はお正月の雰囲気でいっぱいです。


 

AKE「糸のじゅえりぃ」も、すっかり正月モードに衣替えしました。

 


0 コメント

「糸のじゅえりぃ」12色それぞれに和名をつけました。

みなさんからのご要望にお答えして、「糸のじゅえりぃ」(京組紐のブレスレット)に、12色の色それぞれに合った和名を付けました。

いずれの名前も、日本の伝統文化の中で使われてきた色名を参考に名前をつけました。和名の歴史、背景を調べても面白いかもしれませんね。



0 コメント

AKE「糸のじゅえりぃ」@京都ハンディクラフトセンター




201510月より京都ハンディクラフトセンターにて、AKE「糸のじゅえりぃ」の展示販売を行っております。

紅葉とともに、秋色をイメージした「糸のじゅえりぃ」のディスプレイとなっています。






多くの外国人観光客がショッピングに訪れることから、英文のPOPも用意しています。






展示は東館3F、京都の伝統工芸品のコーナーにあります。



京都ハンディクラフトセンターでは、京都の多くの伝統工芸品やお土産が展示販売されています。センターは京阪丸太町から徒歩約10分です。お友達が京都を訪問された際はぜひご案内下さい。



0 コメント

レオナルドダヴィンチ展@京都文化博物館

822日より、京都文化博物館でレオナルドダヴィンチと「アンギアーリの戦い」展が開催されています。



そして、AKEブランドの「糸のじゅえりぃ」も、ミュージウムショップで展示販売されています。「糸じゅえりぃ」のパッケージの裏には、「製造元:障害者就労支援事業所西陣工房」と書かれています。

ダビンチ展は日本初公開の作品もあり、見ごたえがあります。特別展は1123日まで開催されています。ぜひみなさんも京都散策とともにお出で下さい。



ダビンチ展は日本初公開の作品もあり、見ごたえがあります。特別展は1123日まで開催されています。ぜひみなさんも京都散策とともにお出で下さい。





1 コメント

京都文化博物館ミュージャムショップにてAKE「糸のじゅえりぃ」の展示販売を行います。

2015年8月22日より京都文化博物館では、「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアールの戦い』」展を開催します。

これにあわせて、ミュージアムショップにてAKE「糸のじゅえりぃ」(京組紐のブレスレット)の展示販売を行います。

特別展は11月23日まで開催しております。ぜひ、期間中においでください。



3 コメント

JIUクラッチバッグが着物の雑誌「花SAKU」で紹介されました。




着物の雑誌「花SAKU」8月号で、JIUクラッチバッグが紹介されました。

発行部数40,000部のとても美しい雑誌です。







全国の着物ファンの方たちに見ていただけるのでは。

みなさんも、ぜひ手に取ってご覧下さい。



0 コメント

国立民族学博物館と阪急梅田百貨店でJIUバッグの展示販売を実施しています。

国立民族学博物館(みんぱく)ミュージアムショップで、JIUアバカ・クラッチバッグとかごバックの魅力を高く評価して頂き、20157月より展示販売を行って頂いています。展示場所は、貴重な品を展示する奥のガラスケースの中です!



715日~21日の間、阪急梅田百貨店10階でもJIUアバカ・クラッチバッグとかごバッグは展示販売されています。セレクトショップ「アルファベット」の催事出展で販売頂いています。



 みんぱくと阪急梅田の出展の様子は、フェア・プラスBLOGをご覧下さい。


0 コメント

国立民族学博物館のミュージアムショップで、JIUのバッグを展示販売して頂けることになりました。

みなさん、「みんぱく」ってご存知ですか?大阪万博公園にある国立民族学博物館のことです。

博物館のミュージアムショップで、アバカとマクラメ編みの素晴らしさを認めて頂き、JIUのアバカ・クラッチバッグとアバカかごバッグを展示販売して頂けることになりました。

 

0 コメント

7月16日~21日、阪急梅田でJIU(慈雨)のバッグを展示販売します。

7月16日(木)~21日(火)の期間、阪急梅田百貨店10階に、セレクトショップ「アルファベット」が夏の和雑貨展を開催します。浴衣とともに、JIU(慈雨)のアバカ・クラッチバッグ、アバカかごバッグが展示販売されます。

大阪近郊のみなさんは、期間中に阪急梅田へお立ち寄りください。

2 コメント

今年2015年夏、日本国内でアバカ帯が発売されます。






アバカ帯を一本作るには、フィリピン・マリナオ村の腕のよい織り手さんが2週間収集力を絶やさず織り上げています。


今年発売する帯には、三種類の帯があります。

 

この帯についてのお問い合わせは、以下の企業にご連絡下さい。

 

(有)戸谷染織(愛知県)
    tel 0567-95-2981


フェア・プラスでは、昨年より呉服関係企業と共同で、アバカ・マクラメ編みの帯の商品開発を進めてきました。そして、今年夏、念願のアバカ帯が完成し、発売を開始します。




0 コメント

2015年5月~7月 京都マルイでJIU(慈雨)アバカ製バッグの展示販売を行っています。

2015年5月28日~31日、京都マルイ1階正面玄関横で、セレクトショップアルファベットが、浴衣などの和雑貨の催事出展で、JIU(慈雨)のクラッチバッグ、かごバッグの展示販売を行いました。


催事出展に続き、2015年6月4日より、京都マルイ4階の「アルファベット」常設店舗にて、浴衣とともに引き続きクラッチバッグとかごバッグの展示販売を行っています。


3 コメント

2015年5月 あべのハルカスの出店を無事終了しました。

4月30日~5月6日に大阪天王寺のあべのハルカス(HOOP)に出店し、新ブランドJIU(慈雨)のアバカ・クラッチバッグ、アバカ・かごバッグのお披露目と展示販売を致しました。

 

 

 

ゴールデンウイークということもあって、あべのハルカスには大勢の買い物客が来場しました。

 

 

 



5月2日には、モデルの鎌田アリサさんのトークイベントで、アバカのバッグを紹介して頂きました。


フェア・プラスの出店エリアでは、JIUの新商品を手に取って、品質の高さを評価してくださるかたも多くいらっしゃいました。


0 コメント